色を統制できるペンライト

色を統制できるペンライト ペンライトはコンサートを楽しむするアイテムの一つです。
曲に合わせて観客がペンライトを振ることで、視覚的な一体感が現れ盛り上がりを増幅させます。
化学反応を利用したタイプと電池のタイプがありますが、コンサートで使われるのは電池タイプなので、コンサート後も電池交換すればその時の会場の空気に浸ることができます。
最近はスイッチを触ると色が切り替わるスタイルが人気です。
人気のあるアイドルの多くが、メンバーの個性を反映させたカラーを持っています。
様々な色を搭載したペンライトがあれば、特定のメンバーがソロで歌ったり踊ったりする見せ場の時に会場全体がメンバーカラーになり、照明器具として活躍します。
これは会場の演出に合わせて無線などで全てが統制されているので、観客の意思に関わらないで色を変えたり維持したりすることができ、統一感を重視できます。
色だけでなく点滅など様々な演出が可能で、現在は大きなドームでコンサートを行うアーティストが導入しています。
ペンライト自体は30年以上前から存在しますが、次世代型はステージの完成度を高めるものとして注目されています。
日本ではいくつかの企業が製品開発に取り組んでおり、様々な工夫を凝らしています。

ペンライトの使い方と購入方法

ペンライトには大きく分けて2つの使い方があります。
1つは各種イベントなどで会場の観客が一体化を目的として一斉にライトを灯して大きく振る。
1つは安全に大勢の人を誘導する為に警備員などが指示器として利用する。
細かく分類すれば他の使い方も考えられますが、概ねこのどちらかに絞られます。
どちらのケースも軽くて持ち運びの便利なペンライトが好まれます。
特に暗がりで目立つ為に複数の色に変化するペンライトが人気です。
携帯式なので電池式がメインです。
購入先もインターネットから実店舗まで豊富に取り揃えており、全国展開している家電を取り扱う店ならほぼ置いています。
また、雑貨店に分類されるホームセンターや、首都圏を中心に若者で賑わう面白雑貨販売店でも見かけるようになりました。
価格は数百円から高くても3千円前後が相場です。
ハート型や星形などデザイン性のある物や、小さな子どもでも安心して使用出来る電池組み込み型(使い捨ての為電池交換が出来ないタイプ)など思考を凝らした商品が増えています。
用途や目的に合わせて、自分に合ったペンライトを探してみましょう。
一緒にイベントに行く人とお揃いの商品を探すのも1つの楽しみと言えるでしょう。

オススメのペンライト関連サイト

LED・発光体をはじめとするペンライト等の制作サービスのサイト

ペンライト